2012年03月09日

中国、外国人の社会保険加入

中国へ進出してしている企業間、

各社の現地責任者や経営者達の間で、

情報の混乱もあるためか、

ある意味、大騒ぎ?で、


今、注目されている話題は、



「外国人の社会保険強制加入」に対してだ。




北京を皮切りに、おって中国全域に実施されるようだが、


今現在、上海では、まだ情報・通達はないようだ。




一番、問題視されていたのは、


日本人駐在員は、日本国内分と二重払いになってしまう点。




朗報の記事が、


3月8日の日経新聞朝刊に出ていた。

「中国、社会保障協定急ぐ」
(日経新聞より)


記事によると、

「出身国と社会保険料の二重払いを避けるために、

社会保障協定の締結を急ぐ考えを表明。

日本、韓国、フランスなどとは、協議を開始している。」


とのこと。




グローバルの時代だが、


今の日本の、少子高齢化、年金問題を見ていると、


ただでさえ足りない社会保険料が


駐在員分の一部でも、


外国に流れてしまうのは、、、???



逆に見れば、日本で就業中の外国人は、


日本国内で、社会保険料を納めているのだから、


道理には合っているのかな…。 ?





にほんブログ村 経営ブログ 経営者へ
にほんブログ村

ブログランキング

blogram投票ボタン

posted by SGイズム at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
 ビジネスブログ100選
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。